はやぶさ2、再び小惑星に着陸 地下物質の採取狙う

  • LINEで送る

探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうに着陸したことを示すデータを受信し、管制室で拍手するJAXA職員ら(上のモニター)=11日午前10時21分、相模原市

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの表面に2回目の着陸を成功させ、「世界初の小惑星地下からの試料採取に成功したとみられる」と発表した。地球に持ち帰れば、太陽系の起源に迫る研究成果も期待される。

 はやぶさ2は、着陸や人工クレーターづくりなど、りゅうぐう近くで予定していた主要な任務を全て成功させた。年末にりゅうぐうを離れ、地球への帰途に就く。

 地下物質は太陽風などによる風化を受けておらず、りゅうぐうが生まれた当初の状態を保っているとみられる。46億年前に誕生した太陽系の起源に迫ることに役立つ。