丸木舟で台湾から沖縄へ 3万年前の航海再現に出発

  • LINEで送る

台湾沖を進む、国立科学博物館のチームが乗り込んだ丸木舟=7日午後(同博物館提供)

 約3万年前、現生人類が日本列島に進出した主要ルートの一つと考えられている台湾―南西諸島間を丸木舟で実際にたどり、当時の技術水準を探る実験航海に、国立科学博物館の海部陽介人類史研究グループ長らのチームが7日、出発した。台湾東岸から沖縄県・与那国島を目指す。

 舟は長さ約7・5メートル、幅約70センチで、男女5人が乗った。夜間も交代で休みながらこぎ、順調に進めば到着は8日夕から9日未明になる見通し。現代の技術は原則として使わないが、安全のため気象データを出発判断の参考にした。