JRA、薬物で150頭以上除外 中央競馬、レースは開催

  • LINEで送る

禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいることによる「競走除外」を知らせる張り紙=15日午前、東京都府中市の東京競馬場

 日本中央競馬会(JRA)は15日、禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいることが判明したため、15、16日に東京、阪神、函館の各競馬場で行われるレースから除外すると発表した。競走除外馬は156頭。2日間とも中央競馬は予定通り開催される。

 競走馬理化学研究所の検査で、該当馬が摂取した飼料添加物から禁止薬物「テオブロミン」が検出された。JRAが同研究所から報告を受けたのは14日の夕刻。既に開催に向け役職員の多くは移動中だったため、厩舎関係者との連絡、対応策を練るのに時間がかかり、15日朝の発表になったという。