チンパンジーもカニ好き 類人猿で初確認、京大

  • LINEで送る

水たまりに生息する沢ガニを食べるチンパンジー(チューリヒ大のカテリーナ・クープス博士提供)

 西アフリカ・ギニアの野生のチンパンジーが、小型のカニを日常的に食べていることが分かったと、京都大の松沢哲郎特別教授(比較認知科学)らの国際チームが29日、国際学術誌電子版に発表した。チームによると、霊長類でのカニの採食は、水辺にすむカニクイザルなどで知られていたが、ヒトに最も近縁のチンパンジーやゴリラなどの類人猿で確認されたのは初めて。

 初期の人類は森林からサバンナ(草原)へ進出した後、魚やカニを食べ始め、深い森で暮らす類人猿は水生動物を食べないとされていた。