今夏エルニーニョ発生か 世界的に高温の可能性

  • LINEで送る

 【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は27日、南米ペルー沖で海面水温が高くなる「エルニーニョ現象」が6〜8月に60〜65%の確率で発生する可能性があると発表した。勢力は強くならない見通しだが、「世界的に高温となる可能性がある」と指摘した。

 WMOによると、今年4〜5月初めの南米ペルー沖の海面水温や大気の状態からはエルニーニョ発生の兆候が観測されており、この状態が続けば、6〜8月には海面水温が平均より0・5〜0・9度上昇し、弱いエルニーニョになると予測した。ただし勢力が強くなる可能性はほとんどないとし、9月以降の発生確率は50%と予想した。