米高官、日朝首脳会談開催を支持 「拉致解決に寄与」

  • LINEで送る

ボルトン米大統領補佐官(UPI=共同)

 ボルトン米大統領補佐官は25日、安倍晋三首相が無条件での開催を呼び掛けている北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談について「核兵器開発の放棄や日本人拉致問題の解決に大きな一助となる」と述べ、支持する考えを示した。トランプ米大統領が今夕、令和時代初の国賓として来日するのを前に東京都内で記者団に語った。

 北朝鮮による今月上旬の短距離弾道ミサイル発射については「国連安全保障理事会の制裁決議違反だ」と指摘、日米首脳会談で制裁維持を含めた対応を話し合うと述べた。米高官が今回のミサイル発射を安保理決議違反だと明言したのは初めてとみられる。