鉄道事故犠牲の留学生父しのぶ 日韓融和尽力の李盛大さん

  • LINEで送る

東京都千代田区で開かれた李盛大さんをしのぶ会=24日午後

 JR新大久保駅で2001年、ホームから落ちた日本人男性を救おうとして犠牲になった韓国人留学生、李秀賢さん=当時(26)=の父で、今年3月に亡くなった李盛大さん(79)をしのぶ会が24日夜、東京都内で行われた。盛大さんは、息子の遺志を継ごうと日本への留学生を支援。ゆかりのある約60人が参加し「日韓の融和の重要性を信じ、尽力された」とねぎらう声が続いた。

 盛大さんは事故で寄せられた見舞金を基に、秀賢さんのイニシャルをとった「エルエスエイチアジア奨学会」を設立。奨学会は、アジア18カ国・地域からの日本への留学生計897人に奨学金を支給してきた。