マンション一室で女性死亡、山形 住人の医師、殺害か

  • LINEで送る

 19日午後5時50分ごろ、山形県東根市のマンションの医師矢口智恵美さん方で、女性が倒れているのを矢口さんの弟が見つけ110番した。女性は50代ぐらいで死亡が確認された。県警は殺人事件の可能性もあるとみて捜査。連絡の取れない矢口さんとみて遺体の身元確認を急ぐとともに、司法解剖して死因を調べる。

 県警などによると、矢口さんは同県村山市の「矢口眼科クリニック」院長で50代。マンションは6階建てでクリニックと約5キロ離れており、2階の部屋に1人暮らししていた。弟は、元々訪問する予定があったという。