わいせつ把握も児相が保護解除 千葉女児「ズボン下ろされた」

  • LINEで送る

柏児童相談所=2月、千葉県柏市

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件で、心愛さんが県柏児童相談所の一時保護中、父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=から「ズボンを下ろされ、パンツも脱げた」と児相職員に訴えていたことが14日、県関係者らへの取材で分かった。

 柏児相はこうしたわいせつ被害の疑いを把握しながら一時保護を解除しており、国や県が一連の判断が妥当だったかどうか検証を進めている。県の担当者は「医師の診断や面談内容などを総合的に判断して解除した。性的虐待に当たるかどうかも含め検証する」としている。