甘味伝える神経細胞発見、生理研 マウスの脳で

  • LINEで送る

 飲食物の甘味を伝える神経細胞をマウスの脳幹で発見したと、生理学研究所(愛知県岡崎市)の中島健一朗准教授(神経科学)らのチームが7日付の米科学誌電子版に発表した。哺乳類の脳で味覚の伝達神経が見つかったのは初めてという。

 舌で味を感じる仕組みは研究が進んでいるが、脳内での詳しい伝達経路は不明だった。中島准教授は「見つかった神経細胞の活動を測定すれば、おいしさの客観的評価や、肥満の人が甘い物を好むようになる原因の解明などにつながるかもしれない」と話している。