核テロ抑止へAIで鑑識 原子力機構が開発に着手

  • LINEで送る

AIを使った核鑑識のイメージ

 核物質を使用したテロ行為に備え、日本原子力研究開発機構が、人工知能(AI)を取り入れた「核鑑識」の技術開発に乗り出したことが7日、分かった。テロで悪用された核物質の組成や製造元などを素早く、正確に特定する技術を確立し、核テロの「抑止力」としたい考えだ。

 国際原子力機関(IAEA)は、核物質をまき散らす「汚い爆弾」の使用などを核テロとして想定し、国際的な安全保障上、最大の脅威の一つに位置付ける。

 核テロが起きた場合、警察が現場に残された核物質を採取。依頼を受けた機構が成分などを分析し、核物質が盗み出された施設の特定や、犯人の刑事訴追につなげる。