クールビズが本格スタート 肌寒くジャケット姿も

  • LINEで送る

クールビズが始まり、軽装で仕事をする人たち=7日午前、環境省

 夏の省エネルギー促進策として軽装で勤務する「クールビズ」が大型連休明けの7日、本格的に始まった。東京都心は午前9時の気温が平年並みの17・9度でやや肌寒く、ノーネクタイのジャケット姿で出勤する男性らが目立った。

 クールビズは2005年に始まり今年で15年目。政府はオフィスや店舗、家庭の冷房時の室温を28度に抑えるよう呼びかける。中央官庁は9月末までアロハシャツ、スニーカーなども認める。

 クールビズの旗振り役となる環境省は、つる性の植物で夏の日差しを遮る「緑のカーテン」や、自宅を出て涼しい公共施設や商業施設で過ごす「クールシェア」も勧めている。