チベット最古の人類化石 高地適応の遺伝子起源か

中国・甘粛省の洞窟で見つかった、デニソワ人のものとされる下顎の化石(研究チーム提供)

 標高3280メートルの中国・チベット高原で見つかった人類の化石は、絶滅したネアンデルタール人と近い「デニソワ人」のものだとする研究結果を、中国などのチームが1日発表した。16万年前のものとみられ、この地域で人類が暮らしていた最古の証拠になるという。

 この地域に現代人の祖先が到達したのは早くて3万〜4万年前。彼らがデニソワ人と交雑し、空気の薄い高地に適応できる遺伝子を受け取って今の住民にまで伝えたとの説があり、今回はそれを補強する成果となる。

 国立科学博物館の海部陽介グループ長は「現代人にとって有益な遺伝子の一部は、古い人類から得られたようだ」と話した。


  • LINEで送る