西武・源田のフル出場止まる 右手関節の挫傷で

  • LINEで送る

西武の源田壮亮内野手

 西武の源田壮亮内野手が14日、メットライフドームでのオリックス3回戦で先発を外れ、プロ入りからの連続試合フルイニング出場が299で止まった。13日の試合の打席で右手首に投球を受け、病院での検査の結果「右手関節挫傷」と診断された。骨には異常はないという。

 源田は昨季、セ・パ両リーグを通じて初めて新人から2年連続全試合フルイニング出場を達成した。14日は試合前の練習で打撃を行わず「今は打つのも投げるのも両方難しそう」と話した。