岐阜「春の高山祭」開幕 豪華屋台が城下町彩る

  • LINEで送る

岐阜県高山市で「春の高山祭」が始まり、市中心部の橋を渡る豪華な屋台=14日午前

 豪華絢爛な祭り屋台で知られる国の重要無形民俗文化財「春の高山祭」が14日、岐阜県高山市で始まった。飛騨地方の春の風物詩で、15日までの2日間、金箔細工や緻密な彫刻が施された屋台11台が旧高山城下町を彩る。

 通りや広場に並べられた屋台の一部では、糸で操られた人形が舞い踊る「からくり奉納」を披露。夕方からの「夜祭」では、約100個のちょうちんをともした屋台が町を巡る予定。市は2日間で20万人の人出を見込んでいる。

 新元号「令和」初日となる5月1日には、改元を記念して、秋の高山祭の屋台と合わせて計21台を同時に見られる「特別曳き揃え」が行われる。