サッカー、大迫先発復帰も無得点 ドイツ1部

ボルシアMG戦の前半、競り合うハノーバーの原口(右)=ハノーバー(共同)

 【ブレーメン(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは13日、各地で行われ、ブレーメンの大迫勇也はホームのフライブルク戦に先発し、後半18分までプレーした。負傷による離脱から前節復帰した大迫は昨年12月のホッフェンハイム戦以来、13試合ぶりの先発だったが無得点。試合は2―1で勝った。

 原口元気と浅野拓磨の所属する最下位のハノーバーはホームでボルシアMGに0―1で敗れ、8連敗。先発した原口は後半36分に交代した。浅野はベンチ外。


  • LINEで送る