バレー、久光が東レを下し2連覇 Vリーグ女子決勝

  • LINEで送る

東レを下し2季連続7度目の優勝を果たし、喜ぶ久光製薬の選手たち=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バレーボールのVリーグは13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで女子プレーオフ決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。第2戦を落として1勝1敗となった後、1セットで勝敗をつけるゴールデンセットを25―18で制した。

 久光製薬は第2戦で相手の守備に手を焼き、フルセットの末に敗れたがゴールデンセットでは攻撃陣が奮起。アキンラデウォ、石井らの活躍で優位に進め、熱戦をものにした。