囲碁、一力が柯破り決勝へ 日中韓竜星戦

  • LINEで送る

一力遼八段

 テレビ早碁棋戦の第1回日中韓竜星戦は11日、東京都千代田区で1回戦が打たれ、日本の一力遼八段(21)が中国の柯潔九段(21)に勝ち、決勝に進出した。柯九段は多くの国際戦優勝実績がある世界トップクラスの実力者。

 日本棋院によると、同棋院所属棋士が柯九段に勝利するのは、井山裕太五冠(29)、芝野虎丸七段(19)に続いて3人目。同棋戦は日本、中国、韓国の竜星戦優勝者が変則トーナメントで争い、優勝賞金は500万円。

 12日の2回戦は、柯九段と韓国の金志錫九段(29)が戦い、その勝者が決勝で一力八段と対戦する。決勝は13日に同所で行われる。