将棋の名人戦、挑戦者豊島が先勝 7番勝負第1局

  • LINEで送る

 将棋の第77期名人戦7番勝負の第1局は10、11の両日、東京都文京区で指され、千日手指し直しの末、挑戦者で先手の豊島将之二冠(28)が73手で佐藤天彦名人(31)を破り、先勝した。

 千日手とは同一局面が4回現れた時点で無勝負となることで、先手後手を入れ替えて初手からやり直す。今期、豊島二冠は初獲得が懸かり、佐藤名人は4連覇を目指す。

 第2局は22、23日に山口県萩市で行われる。