ジャンプとマガジン、無料サイト ライバルが初共闘、若者対象に

  • LINEで送る

記者発表会で握手する週刊少年ジャンプの中野博之編集長(左)と週刊少年マガジンの栗田宏俊編集長=8日午後、東京都世田谷区

 集英社と講談社は8日、両社がそれぞれ発行する漫画誌「週刊少年ジャンプ」「週刊少年マガジン」の掲載作品を無料で読める漫画配信サイト「少年ジャンマガ学園」を開設した。22歳以下の読者が対象。

 少年漫画界で長年、ライバル関係にあった両誌が事業で「共闘」するのは初めてという。6月10日までで、若い世代に漫画の魅力をPRする。

 「ONE PIECE(ワンピース)」などジャンプの22作品、「七つの大罪」などマガジンの23作品に、両社の他の雑誌、サイトの漫画を合わせた計164作品を掲載。

 ジャンプの中野博之編集長は「少年漫画の歴史の一ページとなる大企画」と話した。