囲碁の仲邑初段22日デビュー戦 最年少プロ、10歳で初対局

  • LINEで送る

仲邑菫初段

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)の公式戦デビューは22日の第29期竜星戦予選で、相手は同じく4月にプロ入りした大森らん初段(16)に決まった。8日、日本棋院が発表した。

 仲邑初段は史上最年少の10歳1カ月での初対局で、これまでの記録は藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳8カ月。対局は大阪市の日本棋院関西総本部で行われ、持ち時間各1時間の早碁で打たれる。

 仲邑初段は、日本棋院が世界で戦える棋士を育成するために新設した「英才枠」でプロ入りし、注目を集めている。これまで井山裕太五冠(29)や韓国の崔精九段(22)ら国内外のトッププロと記念対局を行ってきた。