ロシア人気アニメ、日本進出も 制作会社、放映へ交渉中

  • LINEで送る

ロシアのアニメ「マーシャと熊」の第42話「映画の日」の一場面(アニマックコルド社提供、共同)

 【モスクワ共同】世界100カ国以上のテレビで放映されたロシアの人気アニメ「マーシャと熊」の制作会社アニマックコルド(本社モスクワ)が、未放映の日本と中国の主要放送局と交渉を続けている。同社のウラジーミル・ゴルブリャ最高経営責任者(CEO)は「日本と中国はアジアの二大市場。今年は両国での放映に向け集中していく」と話している。

 マーシャと熊は、主人公のおてんばな少女マーシャとかつてサーカスに出演していた熊が中心となってコミカルに繰り広げる物語。ロシアでは2009年にテレビ放映が始まり、これまで78話が制作された。

 既に放映されたのは欧米や中南米、中東など。