万能インフルワクチンを試験へ 米国立衛生研、人を対象に

  • LINEで送る

 【ワシントン共同】米国立衛生研究所(NIH)は3日、特徴が違う複数のインフルエンザウイルスの感染を防げる「万能」ワクチンの候補を人に接種する臨床試験を始めると発表した。

 ウイルスは少しずつ変化するため、現在のワクチンはシーズン前に流行するタイプを予測し、それに合わせて製造している。万能ワクチンはあらゆるタイプに効くとは限らないが、予測が外れても大流行や重症者の増加を防げる可能性がある。

 臨床試験は安全性の確認が主目的の第1段階。18〜70歳の健康な男女53人以上に量や回数を変えて接種する。接種後は体調を調べる。