東邦が30年ぶりの優勝 選抜高校野球大会決勝

  • LINEで送る

第91回選抜高校野球大会で習志野を破り30年ぶり、単独最多の5度目の優勝を果たし喜ぶ石川(右から3人目)ら東邦ナイン=3日、甲子園球場

 第91回選抜高校野球大会は3日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、東邦(愛知)が習志野(千葉)を6―0で下して、1989年以来30年ぶり、単独最多の5度目の優勝を果たした。

 東邦は一回、石川の2点本塁打などで3点を先制。五回にも石川が2ランを放ち、加点した。石川は3安打完封。

 平成最初の大会で優勝した東邦は、1回戦から決勝まで全5試合を2点以内に抑えて、平成最後の大会を制した。初めて決勝に進んだ習志野は、千葉県勢として初の春制覇を逃した。