宮本亜門さんが前立腺がん バラエティー番組で判明

宮本亜門さん

 演出家の宮本亜門さん(61)が前立腺がんを患っていることが3日、所属事務所への取材で分かった。医療バラエティー番組の企画で2月に人間ドックを受診、3月に精密検査を受けて前立腺がんと診断された。

 所属事務所によると、仕事を続けながら治療を続けていく方針。宮本さんはツイッターに「余計な心配などせず、前向きにできることを続けます」などと投稿した。


  • LINEで送る