向田邦子賞に野木亜紀子さん 「獣になれない私たち」

  • LINEで送る

 2018年度に放送された優れたテレビドラマの脚本をたたえる第37回向田邦子賞(向田邦子賞委員会など主催)は2日、「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の野木亜紀子さんに決まった。賞金300万円。贈賞式は5月28日、東京都千代田区の帝国ホテルで。

 受賞作は、笑顔の裏で心をすり減らして生きる女性と、誰も信用しない公認会計士の男性とのラブストーリーで、現代人が抱える思いを生き生きと描いたと評価された。

 野木さんは「アンナチュラル」で第7回市川森一脚本賞の受賞も決まっている。他の代表作に「逃げるは恥だが役に立つ」など。