「令和」コーナー、書店に登場 出版社は重版も

  • LINEで送る

新元号「令和」の出典となった万葉集関連本や平成を振り返る書籍が集められた特設コーナー=2日午前、東京の神保町ブックセンター(魚眼レンズ使用)

 新元号「令和」が発表されたのを受け、東京都内の書店では2日、出典となった「万葉集」を現代語訳した文庫本を紹介したり、「令和」を掲げたりした特設コーナーが登場。発表直後から相次ぐ書店からの注文に、出版社も重版を決定した。

 東京の八重洲ブックセンター本店では、1日からブックフェア「平成から新元号へ」を開催。元号の発表後、コーナーの「新元号」部分を急きょ「令和」と直し、現代語訳の文庫本を紹介。在庫分は次々と売れ、追加発注した。

 元号発表後、神保町ブックセンターでも「『平成』から『令和』へ」と題した特設コーナーを設け、文庫本などを並べた。