習志野監督、サイン盗み疑惑否定 「そういった事実はない」

  • LINEで送る

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開催されている選抜高校野球大会で、星稜(石川)の林和成監督が習志野(千葉)のサイン盗みを疑い、試合後に抗議したことについて、習志野の小林徹監督は29日、「そういった事実はない。(サイン盗みがあれば)審判から指摘をいただくと思う」と疑惑を否定した。

 28日の2回戦で、習志野の二塁走者が打者に球種を伝達していると、試合中に星稜側が抗議したが、小林監督は「何についてか、分からない状況だった」と疑われていることを知らなかったと主張。審判団から直接の注意はないと言い「なかったことが全てだと思っている」と話した。