初出場の筑陽学園が8強 選抜高校野球大会第7日

  • LINEで送る

山梨学院―筑陽学園 7回表筑陽学園2死二、三塁、中村が左前に適時打を放つ=甲子園

 選抜高校野球大会第7日は29日、甲子園球場で2回戦3試合が行われ、筑陽学園(福岡)龍谷大平安(京都)明豊(大分)が勝ち、ベスト8に進んだ。

 初出場の筑陽学園は山梨学院に3―2で競り勝った。1―1の七回に、中村の適時打で勝ち越し、八回も1点を加えた。

 龍谷大平安は盛岡大付(岩手)に9―1で快勝し、3年ぶりの8強。一回に3点を先制。六回以降も加点し、野沢が1失点完投した。

 明豊は昨秋の明治神宮大会王者の札幌大谷(北海道)を2―1で下して、初のベスト8。四回に1点を先制し、五回にも1点を加えた。2人の継投で1点に抑えた。