星稜監督が高野連に謝罪 サイン盗みの抗議で

  • LINEで送る

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開催されている選抜高校野球大会の2回戦で敗れた星稜(石川)の林和成監督がサイン盗みを疑い、試合後に対戦校の習志野(千葉)の小林徹監督に抗議したことについて、林監督は29日、日本高野連に「私の行き過ぎた言動と行動で多大なご迷惑をお掛けした」と謝罪したことを明らかにした。

 28日の試合では、二塁走者が打者に球種を伝達している疑いがあることを、捕手を通じて球審に伝えた。4人の審判団が集まって協議し、そうした行為はなかったとしたが、試合後に林監督が小林監督に「フェアじゃない」と抗議する異例の事態となった。