市和歌山6―2高松商 市和歌山が逃げ切る

  • LINEで送る

市和歌山―高松商 1回裏、先制本塁打を放ちガッツポーズで二塁へ向かう市和歌山・緒方=甲子園

 市和歌山が逃げ切った。一回に緒方のソロ本塁打で先制。二回に壱岐の適時二塁打で2点を追加。四回にも3点を加えた。先発の柏山は130キロ台の直球と変化球をコースに投げ分けて、六回途中まで4安打2失点の好投。救援の岩本も無失点で切り抜けた。

 高松商は中塚が四回途中5失点と崩れた。打線は六回に2点を返すにとどまった。