全日空、佐賀空港で自動運転試験 コンテナ運搬車両で開始

  • LINEで送る

コンテナを引いて自動運転で走行するトーイングトラクター=26日午後、佐賀空港

 全日本空輸は26日、佐賀空港(佐賀市)で、利用者の預け入れ荷物などを収納したコンテナを引っ張って航空機などに運搬する車両「トーイングトラクター」の自動運転試験を始めた。期間は4月5日まで。全日空によると、空港でのトーイングトラクターの自動運転試験は国内初。

 2020年東京五輪・パラリンピックまでに羽田空港を中心に、佐賀空港を含めた全国の空港での導入を目指す。

 車両は豊田自動織機が開発し、試験では空港内に設定した1周約300メートルのコースを約4分かけて走った。自動運転と手動を切り替えられ、トラブルに対応できるように運転手が乗り込んだ。