京大教授が論文で不正、処分へ 熊本地震、改ざんや盗用

  • LINEで送る

理学研究科の男性教授が発表した論文の不正について記者会見する京都大の潮見佳男副学長(右)、湊長博副学長(中央)ら=26日午後、京都市

 京都大は26日、理学研究科の男性教授(地震地質学)が2016年10月に米科学誌サイエンスに発表した熊本地震に関する論文に図の改ざんや盗用の不正があったとの内部調査結果を公表した。男性教授に論文の撤回を勧告した。教授を処分する方針。

 17年8月、京大の通報窓口に「論文の図表に見過ごせない多数のミスが散見され、一部では真正なデータの不正使用などによる改ざんが疑われる」との通報があり、書面調査や本人、共著者から聞き取りを進めていた。

 京大は調査の結果、「論文の結論を導き出すのに重要な役割を果たしている6個の図のうち、4個に改ざん、盗用が認められた」と判断した。