盛岡大付3―2石岡一 盛岡大付、サヨナラ勝ち

  • LINEで送る

 盛岡大付が粘りを見せ、サヨナラ勝ちした。0―2の九回2死二、三塁から小川の2点右前打で同点。延長十一回1死満塁から、失策で試合を決めた。阿部は打たせて取る投球で11回2失点と好投し、逆転勝ちを呼び込んだ。

 石岡一は力投の岩本に終盤は疲れが見えた。九回に3安打を集められ、延長十一回は自らの失策で万事休した。