元幕内天鎧鵬が引退 秀ノ山襲名、後進指導へ

  • LINEで送る

引退記者会見で涙を拭う天鎧鵬=23日、エディオンアリーナ大阪

 日本相撲協会は23日、元幕内で西幕下52枚目の天鎧鵬(34)=本名南貴由輝、熊本県出身、尾上部屋=の現役引退と年寄「秀ノ山」襲名を発表した。今後は同部屋付きの親方として後進を指導する。エディオンアリーナ大阪で記者会見した天鎧鵬は「気持ちに体がついてこなくなり、だんだんと気力がなくなってきた」と理由を説明した。

 日大から2007年初場所で初土俵。思い出の一番には新入幕の12年初場所で勝ち越しを決めた旭天鵬戦を挙げた。16年4月に熊本地震が起きた故郷に「大変な生活をされているのに応援していただいた。感謝しかない」と述べ、涙を拭った。