北朝鮮ペア、米の大会出られず フィギュアの四大陸選手権

  • LINEで送る

 フィギュアスケートの世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)で自己最高11位に入った北朝鮮のリョム・テオク選手とキム・ジュシク選手のペアがビザ(査証)を取得できなかったため、2月の四大陸選手権(米アナハイム)に出られなかったことが21日分かった。チーム関係者は「棄権ではなく、ちゃんとエントリーした」と説明している。米国は北朝鮮の核・ミサイル問題を巡り、同国に制裁を科している。

 北朝鮮ペアは2017年札幌冬季アジア大会で来日して3位となった。昨年の四大陸選手権(台北)で同国初の表彰台となる銅メダルを獲得し、平昌冬季五輪では13位だった。