森喜朗会長「残念だったろう」 前日に竹田氏から退任連絡受ける

  • LINEで送る

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は19日、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長の退任表明について「目の前に一生懸命に関わってきた東京五輪がある。直前に辞められるのは非常に残念だったろうと思う」と語った。

 18日に竹田氏から、退任を表明すると連絡を受けていたという。森会長は国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長ともこの問題で話し合ったことを明かし、退任は「ご英断」との認識を示した。東京五輪への影響については「(開幕まで)1年4カ月ということは変えられない。(次期会長に)どなたがなっても、淡々と進めていく」と述べた。