ボート、五輪会場でテスト大会 8月に世界ジュニア

  • LINEで送る

取材に応じる国際ボート連盟のスミス事務総長。左は世界ジュニア選手権日本代表の島田隼輔=19日、東京都内

 日本ボート協会は19日、東京都内で記者会見し、来年の東京五輪のテスト大会として8月に実施する世界ジュニア選手権の概要を発表した。会場の海の森水上競技場(東京臨海部)は5月に完成予定で、同競技場を使用する初の公式大会となる。国際ボート連盟のスミス事務総長は「本番前に新会場でテストすることが非常に重要」と期待を寄せた。

 今大会の日本代表、島田隼輔(滋賀・瀬田工高)は2024年パリ五輪出場を目指す。東京五輪と同会場での大会に「楽しみ。大きな目標は五輪のメダルを取ること。この大会でいい順位を残して少しでも上にいけたらいい」と言葉に力を込めた。