死亡事故「認知機能低下」が5割 75歳以上、警察庁まとめ

  • LINEで送る

90歳女性が運転する乗用車(左)が、複数の歩行者をはねた現場付近=2018年5月、神奈川県茅ケ崎市

 75歳以上になり運転免許更新時などに認知機能検査を受けた高齢者が2018年中に交通死亡事故を起こしたのは前年比29人増の414人で、うち49・2%の204人が認知症の恐れがある「第1分類」か、認知機能低下の恐れがある「第2分類」と判定されていたことが18日、警察庁の集計で分かった。

 警察庁によると、414人のうち、第1分類は20人(4・8%)、第2分類は184人(44・4%)、認知機能低下の恐れなしとされた「第3分類」は210人(50・7%)。担当者は「認知機能と死亡事故には何らかの結びつきがあると考えられる」としている。