返り咲きの明石市長、出迎えなく 暴言の泉氏「職員に学ぶ」

  • LINEで送る

兵庫県明石市役所で当選証書を受け取る泉房穂市長(右)=18日午前

 部下への暴言で辞職し、17日投開票の出直し市長選で3選を果たした兵庫県明石市の泉房穂市長(55)が18日午前、市役所に登庁した。こわばった表情で市選挙管理委員会幹部から当選証書を受け取ると、頭を下げて「申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 公用車で市役所に乗り付けた泉市長は入り口付近で待ち構えていた報道陣に一礼して庁舎内へ。出迎えるセレモニーはなく、ひっそりとしていた。その後の取材に「これからは職員から学ぶ姿勢で、もう一度明石の街をつくっていきたい」と決意を語った。

 泉市長は選挙戦で暴言への謝罪を繰り返し、子育て政策の実績を訴えて得票率は7割近くだった。