日本学士院賞に藤田誠氏ら9人 化学物質の構造解析技術

  • LINEで送る

藤田誠氏(日本学士院提供)

 日本学士院は12日、優れた業績を上げた研究者に贈る日本学士院賞に、液体に溶けた化学物質を結晶化させずにエックス線で構造解析をする技術を開発し、創薬研究に大きく貢献した東京大の藤田誠教授(61)ら9人を選んだと発表した。藤田氏には恩賜賞も贈る。

 他の受賞者は、太陽観測衛星の「ようこう」や「ひので」の開発を主導した常田佐久・国立天文台長(64)や、東京電力福島第1原発のデブリ調査にも使われる、宇宙線による物体の内部構造調査法を生み出した永嶺謙忠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(77)ら。