大相撲春場所で親方衆らが黙とう 震災発生時刻

  • LINEで送る

大相撲春場所開催中のエディオンアリーナ大阪で、東日本大震災の被災者を悼み黙とうする親方衆=11日午後、大阪市浪速区

 大相撲春場所開催中の日本相撲協会は11日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で黙とうをささげ、東日本大震災の被災者を悼み、今後のさらなる復興を祈った。

 地震が発生した午後2時46分に1分間、親方衆らが各担当部署で黙とうを行い、哀悼の意を示した。相撲協会は大震災から約3カ月後に被災地を慰問。その後も復興祈願の横綱土俵入りは昨年まで8年連続で実施するなど、復興支援活動を精力的に続けている。

 十両以上の関取衆で構成される力士会は横綱白鵬関らが中心となり、被災地への土俵の寄贈に取り組んでいる。