青森の再処理工場の即時廃止を 市民団体が集会

  • LINEで送る

日本原燃の使用済み核燃料再処理工場の即時廃止などを訴え、青森市内で行われたデモ行進=10日午後

 原発や核燃料サイクル政策に反対する青森市の市民団体は10日、市内で集会を開き、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の即時廃止を求めた。同工場は、稼働に向けた原子力規制委員会の審査が大詰めを迎えている。

 団体によると、集会には約700人が参加。あいさつした浅石紘爾弁護士は「再処理には将来の展望もなく、危険に満ちている」と主張。「県内の活動から世論を盛り上げることで政治家も動く」と声を上げた。

 参加者は集会後、「核燃サイクル絶対反対」などとシュプレヒコールを上げながらデモ行進した。