キーンさんの養子が記者会見 日本人以上に日本楽しんだ

  • LINEで送る

記者会見するキーン誠己さん=4日午後、東京都北区

 2月24日に96歳で死去した日本文学研究者ドナルド・キーンさんの養子で、浄瑠璃三味線奏者のキーン誠己さん(68)が4日、東京都内で記者会見した。2月28日に葬儀を行ったことを報告し、「日本人以上に日本を楽しんで喜んでいた。本当に幸せな一生だったと思います」と話した。

 キーンさんは2月4日に誤嚥性肺炎で緊急入院。24日早朝に誠己さんが病院に呼ばれ、到着した時には既に意識がなかった。

 2人の交流は2006年に始まり、キーンさんが12年に日本国籍を取得後、養子縁組した。死去の1週間ほど前に英語で「君は僕にとっての全てだ」と言われたのが最後の言葉だったという。