再処理のプルトニウム行き場なし 初代規制委員長が講演で

  • LINEで送る

講演する原子力規制委員会初代委員長の田中俊一氏=1日午後、東京都港区

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故を教訓に発足した原子力規制委員会の初代委員長を務めた田中俊一氏が1日、東京都内での地方新聞エネルギー研究会の会合で講演した。国内の原発の使用済み核燃料を化学処理(再処理)して取り出した核物質プルトニウムについて触れ「再処理しても行き場がない。原子力政策を見直さないといけない」との見解を示した。

 プルトニウムは核燃料に利用でき、核兵器に転用可能とされ、日本は国内外に約47トンを保有。田中氏は、規制委の審査が大詰めを迎えた日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)が本格稼働すれば、日本の保有量増加につながると指摘した。