米テスラ、廉価セダン投入 390万円、ネットだけで販売

  • LINEで送る

米テスラのセダン「モデル3」=2018年11月、米ロサンゼルス(共同)

 【ニューヨーク共同】米電気自動車メーカーのテスラは2月28日、同社初の量産車であるセダン「モデル3」について、北米で3万5千ドル(約390万円)の廉価モデルの予約受け付けを始めた。価格を抑え、販売拡大を目指す。低価格を維持するため、世界的に販売店を閉め、インターネットだけで販売する。

 テスラは量産開始前の2015年、最も安いモデルを3万5千ドルに設定すると公表していたが、量産は難航。最近まで最低価格は4万ドルを超えており、量産を軌道に乗せて廉価モデルを投入するまでに時間がかかった。

 今後数カ月で大半の販売店を閉める。