東京五輪マスコット、学校訪問 誕生から1年、児童ら歓喜

  • LINEで送る

 2020年東京五輪のマスコット「ミライトワ」と同パラリンピックの「ソメイティ」が28日、東京都品川区立の小中一貫校、豊葉の杜学園をサプライズ訪問した。児童・生徒らは拍手と歓声で大喜び。一緒に写真を撮るなどして交流した。

 同学園はちょうど1年前、最終候補3作品から全国の小学生による投票でマスコットが決まった際の発表会場となった。約670人が集まった体育館にミライトワらの着ぐるみが登場。バドミントンの12年ロンドン五輪女子ダブルス銀メダリストで、今季限りで引退の藤井瑞希さんも参加し、一緒にクイズに挑戦するなどして楽しんだ。