自転車日本、男女とも予選敗退 世界選手権開幕

  • LINEで送る

 【プルシュクフ(ポーランド)共同】自転車トラック種目の世界選手権が27日、ポーランドのプルシュクフで開幕し、団体追い抜き予選の日本は男女ともに予選で敗退し、上位8チームによる1回戦には進めなかった。

 梶原悠未(筑波大)古山稀絵(日体大)中村妃智(日本写真判定)吉川美穂(Live GARDEN Bici Stelle)で臨んだ女子は4分30秒768で11位、近谷涼、今村駿介、沢田桂太郎(以上ブリヂストン)一丸尚伍(シマノレーシング)の男子は4分2秒008の12位だった。