規制庁HP、資料誤りは20件 原発の放射性物質放出量

  • LINEで送る

 原子力規制庁が全国の原発から報告を受けてホームページに掲載していた放射性物質の海洋放出量の数値に誤りがあった問題で、規制庁は27日、海洋放出量の他にも、原子力施設が排出する気体の放出量などに誤りがあり、ミスは計20件だったと明らかにした。同日の会合で訂正を報告した。報告データを同庁が取りまとめ資料に転記する際、数値を誤るなどしたのが原因という。

 規制庁によると、原発では通常、放射性物質で汚染された機器からの廃水や、作業服の洗濯廃液などが出る。これらは放射性物質の除去処理をした上で、規定値以下の量を海などに放出している。