小平奈緒が2度目の総合優勝 世界スプリント最終日

  • LINEで送る

スピードスケートの世界スプリント選手権で2度目の総合優勝を達成し、笑顔で喜ぶ小平奈緒=24日、オランダのヘーレンフェイン(共同)

 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートの世界スプリント選手権最終日は24日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子の小平奈緒(相沢病院)が2年ぶり2度目の総合優勝を果たした。初日に総合首位に立ち、24日は2回目の500メートルで37秒41の1位、1000メートルで3位となって逃げ切った。

 高木美帆(日体大助手)は500メートルで4位、1000メートルは1位となり、第1日の総合2位を維持した。日本勢が1、2位を占めるのは初めて。大会は2日間で500メートルと1000メートルを2度ずつ滑って総合成績で争う。